深海と生物

深海と、そこに住む生物を取り上げます
特にダイオウイカ、巨大イカが好き

二酸化炭素(CO2)の増加で貝やプランクトンの危機

北極海で異変が確認されたそうです。

単に増えた二酸化炭素が海に溶けるというだけでなく、海水中の炭酸イオンへの温暖化の波及的な影響もあって、貝類や貝殻を持つ一部のプランクトンが成長しにくい環境になっているとのこと。

北極海:温暖化で貝類危機 酸性化進む - 毎日jp(毎日新聞)
時事ドットコム:CO2増加で海の生物危機に?=プランクトンの「殻」作れず-海洋機構


海はそれ自体が生き物のように複雑で一様でなく、この北極海の一部で認められた異変がどのように広がるか、また仮に一部の生物がいなくなっても別の何かが補完したりもあり得るので、今後どうなっていくかは分からないのだと思いますが、こんな地味な異変も不気味ですよね・・

(久しぶりの記事でしたが何事もなかったように・・・)
[広告]
comments powered by Disqus